浦朋恵(うらともえ)

木管楽器奏者/作曲家/歌手/コラムニスト/飲食店経営者

*使用楽器

バリトン・サックス(セルマー・マークⅥ)

B♭クラリネット(クランポン・フェスティヴァル)

メロディカ(ホーナー・メロディカピアノ36)

*尊敬する音楽家

ドクター・ジョンとリン・ホープ
 

*1981年。12月3日、父(矢沢永吉ファン)と母(クールス・ファン)の長女として岐阜県高山市に生まれる。


*1985年。4歳で近所の音楽教室に通い始めるが、ピアノには目もくれず発表会ではもっぱらダンスとギロを担当。ちなみにピアノはバイエル下で挫折。


*1994年。中学で吹奏楽部に入部、その音色に惹かれてクラリネットを選ぶ。


*1995年。中学2年で武田真治に憧れアルト・サックスの練習も密かに開始。同時にTHE YELLOW MONKEYに憧れエレキ・ギターにも挑戦するがこっちはアッサリ断念。


*1998年。高校2年の文化祭でロス・トレス・アミーゴズの演奏に感銘を受けワールド・ミュージックに開眼。色々と聴き漁った結果、東欧系ユダヤ人の冠婚葬祭音楽クレズマーに出会う。


*2000年。京都の大学に進学。民族音楽サークルに参加、クレズマーやジプシー音楽を演奏するバンドに参加したり、チンドン通信社でバイトをしながらクラリネットの腕を磨く。


*2003年。大阪の中古盤屋で紹介された井上智恵さん(アコーディオン)、加納佐和子さん(ドラムス)とクレズマー風のオリジナル楽曲を演奏するバンド、イノウラトモエを結成する。


*2004年。イノウラトモエとしての活動を続けながら、ラリーパパ&カーネギーママにテナー・サックス&クラリネット奏者として参加。

*2005年。9月に埼玉県狭山市の稲荷山公園で催された第一回HYDE PARK MUSIC FESTIVALにラリーパパ&カーネギーママの一員として出演。その後、同フェスで共演したマーク・ベノさんの全国ツアーにも同行し、ジェリー・マギーさんや徳武弘文さんとも共演する。浦が加入したラリーパパ&カーネギーママはシングル「風の丘/黒猫よ、待て!」をリリース。


*同年。『TANZ!』と題した定例ライブ・イベントをイノウラトモエで主催、GONTITIのチチ松村さん、はじめにきよしのサキタハジメさんらが出演する。この頃から1940〜50年代のリズム&ブルースに興味を抱き、借り物のバリトン・サックスで中低域練習開始。


*同年。高田渡トリビュート・アルバム『ごあいさつ』(MIDI)にラリーパパ&カーネギーママの一員として参加。


*2006年。合衆国遊学の為、ラリーパパ&カーネギーママを脱退。クレズマー修行とデリカテッセン食べ歩き。弟子入りを果たしたアンディ・ スタットマンさん(クラリネット)をはじめ、元クレズマティックスのマーゴット・リヴァレットさん(クラリネット)とアリシア・スヴィガルさん(バイオリン)、クレズマー・マッドネスのデイヴィッド・クラッカーさん(クラリネット)、ユージン・チャドボーンさん(ギター)らと知り合い、薫陶を受ける。


*同年。帰国後、イノウラトモエの4曲入りEP(CD-R)を自主制作。また、オムニバス・アルバム『Dukes and Birds』(トゥー・ヤング)にもイノウラトモエの一員として2曲に参加。


*2007年。イノウラトモエのDVDシングル『市場迷路』を自主制作。再び渡米。サルサ、クンビア、レゲトンで踊り狂う。


*2008年。渡米。帰国後、オムニバス・アルバム『Our Aurasian Things!』(オーラシア/オフノート)にキンパの一員として参加。

*同年。元生活向上委員会の原田依幸さん(ピアノ)率いるオーケストラ 大怪物団にバリトン・ サックスで参加、4月に行われた同オケの韓国公演にも参加。カン・テーファンさん(アルト・サックス)、パク・チャンスーさん(ピアノ)ら大韓ジャズメンと共演 する。また、この頃からGONTITIのチチ松村さんと断続的にデュオ活動ウラチチをはじめ、この年の『春一番』にも出演する。


*同年。ミッシェル・ゴンドリー監督作品『TOKYO』に出演(大森南朋さんのバンド仲間役)。打ち上げパーティーで「ドラムが趣味」というゴンドリー監督とも共演。


*2009年。イノウラトモエ解散。部屋に籠り、内外の中古盤屋で買い漁ったレコード(1940〜50年代のリズム&ブルース、ラテン音楽、カリプソ等々)に影響を受けた自作曲を書きはじめる。


*2010年。書き貯めた自作曲とスリム・ゲイラードのカバー等で構成されたソロ・デビュー・アルバム『ロッキン・アット・ザ・食堂街』(diskunion/マイ・ベスト!)をリリース。牧野琢磨さん(ギター)、船戸博史さん(ベース)、中尾勘二さん(ドラムス、アルト・サックス)、森雅樹さん(ギター)、浜野謙太さん(トロンボーン)、伊藤大地さん (ドラムス)、富樫春生さん (ピアノ)、チチ松村さん(ギター、バンジョー・ウクレレ)、加納佐和子さん(ドラムス、ピザボックス)、ムッシュかまやつさん(ボイス)、中村宗一郎さん(録音、ミックス)らが参加。


*同年。12月のムッシュかまやつさん大阪公演に参加。スパイダース時代のアレンジと振り付けで「デイ・トリッパー」を共に歌い踊るが、クリスマス・イヴに胆石がディナーの最中に暴れ出し即入院。


*2011年。難波のmusic bar S.O.Ra.さんで月例ライブを開催。SAKEROCKの伊藤大地さん(ドラムス)、赤犬のクスミヒデオさん(ギター)、ジャッキー&ザ・セドリッ クスのロッキン・エノッキーさん(ギター)、EGO-WRAPPIN'の森雅樹さん(ギター)、ザ・たこさんの山口しんじさん(ギター)、金子鉄心さん(テナー・サックス)、チチ松村さん(ギター、ボーカル)らと月替わり共演。


*同年。東日本大震災チャリティ・イベント『愛と誠 2』に自身のバンドとEGO-WRAPPIN'のサポートで出演、元デタミネーションズのメンバーとも共演する。その後もEGO-WRAPPIN'のサポートに断続的に参加、各種イベントに出演する。しかし、その後、肥大した胆石が最早、薬やレーザーでは太刀打ち出来ないことが判明し胆嚢を摘出する。その後、バイトしていた放送局を退社。フラフラと昼夜逆転生活に突入。


*2012年。3月にEGO-WRAPPIN'のフランス・ツアーに同行。4月には大阪市中央区日本橋の路地裏に飲み屋DIDDLEY BOWをオープン。飲み屋を経営するバリサク吹きを目指す。

 

*同年。7月にセカンド・アルバム『Walkin' With Mr. Bimbo』(diskunion/マイ・ベスト!)をリリース。前作から引き続き参加の浜野謙太さん(トロンボーン)、伊藤大地さん(ドラムス)、森雅樹さん(ギター)に加え、エマーソン北村さん(オルガン、ピアノ)、松永孝義さん(ベース)、服部将典さん(ベース)、ロッキン・エノッキーさん(ギター)、原さとしさん(バンジョー)、桜井芳樹さん(ギター)、武嶋聡さん(テナー・サックス、フルート)、ワダマコトさん(ギター)、中山隆志さん(ギター)、松村忠司さん(パーカッション)、マニー・メンデスさん(ボーカル)、高津直由さん(ボーカル、パーカッション)、近藤祥昭さん(録音、ミックス)が参加。カバー写真はDIDDLEY BOWの店先(撮影に使用した自転車はチチ松村さんの愛車)。8月に東京/青山CAY、9月に大阪/梅田シャングリラでレコーディング参加メンバーを中心としたレコ発ライブを行なう。

*同年。『Mods Mayday』『下北沢インディ・ファンクラブ』『なんばHatch 10th anniversary』『Save The Noon』等、数多くのライブ・イベントに出演する。大貫憲章さんが主催する老舗イベント『LONDON NITE』で憧れのシーナ&ロケッツとも共演。ハシケン meets 伊藤大地のアルバム『ミチル』にゲスト参加。

 

*同年。7月から、森三中さん、渡辺直美さんらが出演するぽっちゃり系バラエティー番組『10匹のコブタちゃん』(フジテレビ)にレギュラー出演者として加わる。


*同年。11月に伝説のホンカー、ビッグ・ジェイ・マクニーリーさんの大阪公演で前座を務め、本編でも共演を果たす(翌年にアメリカで再会)。翌12月にはムッシュかまやつさん(ギター、ボーカル)、鮫島秀樹さん(ベース)、松田弘さん(ドラムス)らが参加したザ・シャークスの大阪公演に参加。ハシケン meets 伊藤大地のアルバム『ミチル』にゲスト参加。


*2013年。1月にセカンド・アルバムから Featuring 高津直由さんナンバー「Twilight Time」をシングル・カット。B面には田村玄一さんのスチールギターをフィーチャーしたバージョンを収録(ミックスは内田直之さん)。P.S.は渡部麻由美さん作。DIDDLEY BOW二階大広間で行なわれたレコ発パーティーには高津直由さん、ロッキン・エノッキーさんも出演する(その夜のカセット音源は後述するミニ・アルバムにシークレット・トラックとして収録)。


*同年。3月にサード・ミニ・アルバム『Got You On My Mind』(diskunion/マイ・ベスト!)をリリース。故松永孝義さんへのオマージュ「木のような人」他、全4曲入り(+前述したシークレット・トラック入り)。伊藤大地さん(ドラムス)、服部将典さん(ベース)、中山隆志さん(ギター)、エマーソン北村さん(オルガン)、田村玄一さん(スチールギター)、伊藤慎也さん(ベース)、大儀見元さん(バタ・ドラム)、武嶋聡さん(テナー・サックス)、中尾勘二さん(トロンボーン)、関島岳郎さん(チューバ)、中納良恵さん(ボーカル)が参加。


*同年。6月に大阪でチャラン・ポ・ランタンと共演。8月にロッキン・エノッキーさんとの双頭ロックンロール・コンボThe Rockin' Bari-Tones名義のアルバム『The Rockin' Swamp Bari-Tones』(diskunion/マイ・ベスト!)をリリース、マーガレット・ルイスやドクター・ジョンのカバー演目で巻き舌ボーカルを披露する。浦&エノッキーさん以外のメンバーは伊藤大地さん(ドラムス)、宍倉浩さん(ベース)、荒井伝太さん(ピアノ、ヴァイブ)、田中桂さん(オルガン)、服部将典さん(ベース)に加えゲストのムッシュかまやつさん(ボーカル)。


*同年。ハナレグミのアルバム『だれそかれそ』の録音に長見順さん(ギター)、岡地曙裕さん(ドラムス)と共に参加。ハナレグミ大阪公演にも参加する。その後、この吹き込みが縁で知り合った長見順さん(ギター、ボーカル)率いるパンチの効いたオウケストラに(最年少メンバーとして)加入。年末にリリースされた同オウケストラのデビュー・アルバム『オウケストラ・オンナ・パンチ』(P-Vine)にも参加。


*同年。ceroの大阪公演にゲスト出演(後にリリースされたDVDにもちょこっと登場)。青山CAY(東京)で石川道久セッションと自身のレコ発を兼ねた二本立てライブを開催。


*2014年。1月にアナログ限定のベスト+新録コンピレーション『ウラチャンのブンガワンソロ』をリリース。同作はAmazonやJet Setのオンライン・ショップで(一瞬)国内アナログ部門チャートの一位を記録する。2月には『第二回東京バリトンサックス・フェスティバル・グランド・フィナーレ!』にも自身のバンドで参加する。


*同年。7月、FUJI ROCK FESTIVAL'14に自身のバンドで出演。当日のメンバーは岡地曙裕さん(ドラムス)、エマーソン北村さん(オルガン)、金子鉄心さん(テナー・サックス)、伊藤慎也さん(ベース)、リン・テ伊藤 さん(ギター)、モッチェ永井さん(コーラス)。11月には大阪福島区のPinebrooklynにて、GONTITI、EVISBEATS(DJ)らジャンルを超えたエキゾ・アーティストをゲストに迎えたイベント『魅惑のエキゾチカ』を辺境テクノ・ユニットAUTORAと共催。田中邦和さん(バリトン・サックス)率いる重力級双頭バリサク・バンド、バリトン・ブッチャーズにもグレイスさん(ドラムス)、かわいしのぶさん(ベース)、細海魚さん(キーボード)と共に参加する。

 

*同年。12月、何故か…伊東ゆかりさんと東京管弦楽団と茨城県で共演した後、キース&テックス大阪公演にロッキン・エノッキーさん(ギター、ボーカル)を含む自身のバンドで出演。年越しはギターウルフ主催イベントにもエノッキーさん+毬藻の真理子さん(ベース)を含むバンドで出演。


*同年。『さんまのコンプレッくす杯』(テレビ朝日)に(ぽっちゃりタレント枠で)出演。FM802、FM COCOLOのラジオ番組にもバル・レポーターとして出演し、雑誌『Meets Regional』に肉食の連載コラム「肉食ブリブリ」の連載をはじめる(連載中)。

 

*2015年。3月に母校立命館大学の校友会雑誌のカバーガールを務める。4月には高田漣さん(ギター、ボーカル)の高田渡トリビュート・コンサート『Just Folks』京都公演に参加。

*同年。5月にモッチェ永井さん(ボーカル)、秋廣真一郎さん(ギター)、リン・テ伊藤さん(ギター)、森影亘さん(テナー・サックス)、小粥鉄人さん(ベース)、森俊也さん(ドラムス)と共に「スカ+歌謡曲=ス歌謡」を標榜したバンド、スキヤキスを結成する。

*同年。7月に通算4作目のソロ・アルバム『ナツメヤシの指』(P-Vine)をリリース。制作指導はエマーソン北村さん(キーボード)、松竹谷清さん(ギター、ボーカル)、田村玄一さん(スチール・パン、スチール・ギター、エレキ・シタール)、秋廣真一郎さん(ギター)、森俊也さん(ドラムス)、伊藤大地さん(ドラムス)、ジェントル久保田さん(トロンボーン)、村上基さん(トランペット)、八木橋恒治さん(ギター)、黒石田圭史さん(ギター)、関根真理さん(パーカッション)、宮本仁さん(パーカッション)、向島ゆり子さん(バイオリン、ビオラ)、伊藤慎也さん(ベース)、服部将典さん(ベース)、荒井伝太さん(ヴァイブ)、チエコ・ビューティーさん(ボーカル)、モッチェ永井さん(ボーカル)、リン・テ伊藤さん(ボーカル)、内田直之さん(録音、ミックス)、山本アキヲさん(マスタリング)が参加。自身初となる日本語ボーカルにも挑戦。

*同年。7〜9月にかけて金子鉄心さん(テナー・サックス)、エマーソン北村さん(オルガン)、秋廣真一郎さん(ギター)、伊藤慎也さん(ベース)、森俊也さん(ドラムス)から成る浦朋恵&The Fun Boy Fiveと共にライブ活動。9〜10月はモッチェ永井さん、ハシケン大地、桑名晴子さん、芳垣安洋さんらと共演、12月にはリロイ・シブルス大阪公演のバックをThe Fun Boy Fiveで担当する。ライブ当日が自身の誕生日だった為、リロイ・シブルスさんにステージで肩を抱かれ「ハッピー・バースデー」を歌ってもらう。

 

*同年。モッチェ永井さんのアルバム『モッチェ永井』に「涙でズルボロだ」(作詞:縦川ウォルター/作曲:浦朋恵)を、カンザスシティバンドのアルバム『DOWN HOME』に「ピカピカの革靴」(作詞:縦川ウォルター/作曲:浦朋恵)を楽曲提供。ハシケンさんのアルバム『RERAMAKANI』にゲスト参加。

 

*2016年。2月から放映された大和ハウスのCM(上野樹里さんとゴールデンボンバーが出演)の音楽を担当する。5月には大阪高島屋の催し物「大阪ええもんフェア」のテーマ曲も担当、館内放送のMCも担当する。『おはよう朝日土曜日です』(朝日放送)に肉食家として出演。

*同年。5月にスキヤキスのデビュー・シングル「ダウンダウン b/w そうじゃない」(こだまレコード)をリリース。

*同年。6月に『ナツメヤシの指』からのシングル・カット「橋からこっちの話(Single Version) b/w 魅惑のエキゾチカ」(P-Vine)をリリース。

*同年。6月はスキヤキスでの東北ツアー、7月はCKBの小野瀬雅生さん(ギター、ウクレレ)と共演や『徳島ひょうたん島水都祭』にリトル・テンポ、カルメラらと共に参加。また同月には立川志の輔さんのラジオ番組『落語DEデート』(文化放送)にもゲスト出演した。

 

*9月には「慰安旅行」と称してL.A.の砂漠で開催された純ロックの祭典『Desert Trip』見物に出かける。同フェス、3日間の出演者はノーベル文学賞受賞翌日のボブ・ディラン+ストーンズ、ポール・マッカートニー+ニール・ヤング、ザ・フー+ロジャー・ウォーターズ。10月に『痛快!明石家電視台』(MBS)の「大集合!ぽっちゃり女性14人驚きの実態が…」に出演、『よ〜いどん!』(関西テレビ)の「プロが教えるとっておき本日のオススメ3」コーナーに準レギュラー出演。アルトン・エリスの息子クリストファー・エリスさんとカールトン&ザ・シューズ大阪公演に参加。11月にカーネーション大阪公演にゲスト出演、12月にはシーナ&ロケッツの前座を務める。


*2017年。2月より放映されたキユーピーのCM(キユーピー・ドレッシング緑キャップ・シリーズ「サラダではじまる一日篇」)の音楽を担当。楽曲は作詞 Swinky、作曲 浦朋恵。録音メンバーはSwinkyさん(ボーカル)、浦朋恵(テナー・サックス、ピアノ)、黄啓傑さん(トランペット)、千古まゆみさん(オルガン)、秋廣真一郎さん(ギター)、伊藤慎也さん(ベース)、森俊也さん(ドラムス)、speedometer.こと高山純さん(プログラミング)。

*同年。浦朋恵、山本アキヲ、椛島隆が制作を担うエキゾチック&インスト45s専科TONGS INTERNATIONALが3月に始動。初回リリースはエマーソン北村&浦朋恵「飲み歩くおばけ b/w 消えた赤バス」、アンディート「コンガ・ロック b/w ティンバレス・ロック」、イコマ「山ちゃんの朝は早い b/w アイスバイン」の3タイトル。

*同年。9月にリリースされたカーネーションのアルバム『Suburban Baroque』、10月にリリースされた長見順さんのアルバム『在庭坂〜Underground Utopia』にバリトンサックス&クラリネット奏者としてゲスト参加。

*同年。5〜9月にかけて約2年ぶりのソロ・アルバム『That Summer Feeling』の吹き込みを大阪、東京で行なう。ボーカル8曲、インスト4曲の自家製南海リズム。speedometer.こと高山純さん(プログラミング)、metomeさん(プログラミング)、椛島隆さん(録音)、エマーソン北村さん(キーボード)、CKBの小野瀬雅生さん(ギター)、カーネーションの直枝政広さん(ボーカル)、ex.サケロックの伊藤大地さん(ドラムス)、長見順さん(ギター)、ex.ボ・ガンボズの岡地曙裕さん(ドラムス)、佐藤芳明さん(アコーディオン)、田中邦和さん(ベース・フルート、テナー・サックス)、金子鉄心さん(テナー・サックス、イーリアン・パイプ)、中島徹さん(ピアノ)、渋さ知らズの関根真理さん(パーカッション)、Matt Soundの森俊也さん(ドラムス)と秋廣真一郎さん(ギター)、コンカロックスの伊藤慎也さん(ベース)、The Familytoneの室隆雄さん(ギター)、イコマのサワコさん(ボーカル)、ともえ軍団の古賀真理子さん(ベース)と横山九郎さん(ギター)がバックに参加。11月2日、P-Vineから発売。

 

*同年。11〜12月にかけてザ・たこさんの山口しんじさん(g)、ex.スピリチュアル・ヴォイセズの横田百合さん(vo)らとの浦朋恵スワンプ・ロック・スペシャル、ex.大西ユカリと新世界の小松竜吉さん(ts)と夢ミノル(ds)さん、中島徹さん(p)らとの浦朋恵&ザ・ロッキン・バリトーンズとのライブ。12月に発売された『ミュージックマガジン』誌で松永良平さんによる『That Summer Feeling』のレビューが掲載される。

*2018年。1月に発売された『ミュージックマガジン』誌にインタビューが掲載される(聞き手は安田謙一さん)。また、安田謙一さんと松永良平さん両名の個別年間ベストにも『That Summer Feeling』が選ばれ感涙にむせぶ。2月に『おはよう朝日土曜日です』(朝日放送)のグルメ・ロケで人生初のアイススケート体験、転ぶ。

*同年3月。大阪SOCORE FACTORYに於いて、4ヶ月寝かせた『That Summer Feeling』レコ発コンサートを開催。高山純さん(プログラミング)、metomeさん(サンプラー)、エマーソン北村さん(キーボード)、伊藤慎也さん(ベース)、ロッキン・エノッキーさん(ギター、ボーカル)、中山隆志さん(ギター)、堤下功一さん(ベース)、吉岡孝さん(ドラムス)がバックに参加。6月には渋谷セヴンスフロアーに於いて東京編も開催。高山純さん(プログラミング)、エマーソン北村さん(キーボード)、秋廣真一郎さん(ギター)、森俊也さん(ドラムス)+小野瀬雅生さん(ギター)、直枝政広さん(ボーカル)がゲスト参加。                                  
*2019年4月〜 TOKYO FM系列 JFN36局ネット「ON THE PLANET 」木曜パーソナリティを担当。(現在放送中)

作成:Mariko Waters

© 2023 by Sasha Blake. Proudly created with Wix.com